ぽんこくらぶ

自由を目指すアラフォー主婦のKPOP・湘南・子育てブログ

子供たちよ!朝ごはんを食べなさい!簡単朝食のススメとズボラママの朝食レシピ

スマホを食べる赤ちゃん

 

ちまたによくいる朝ごはんを食べない子供たち…。

 

こんにちは!

ぽんこ(@ponnozou)です😉

 

朝ごはんを食べないと脳みそに栄養がいかないし、体も疲れやすい。

 

そんな朝ごはんを食べない子供たちに用意してあげたい簡単朝食のススメ、そして私ズボラ母さんの簡単朝食レシピもご紹介。

 

簡単お手軽朝食で子供たちへ栄養のあるものを食べさせよう!!

 

 

朝ごはんを食べない子供たち

朝ごはん食べていますか?

 

最近、息子の友達が毎朝ごはんを食べていないと発覚。

 

ママが朝ごはんの用意をしてくれないのか、それともただ単に朝ごはんを食べたくない子供なのかは詳しくはわかっていません…。

 

朝ごはんを食べるのが「普通」と思っていたので、軽く衝撃を受けました。

 

【朝ごはんを食べるとこんな効果がある】

・体温が上がって目が覚める

・血糖値が上がって脳がよく働く

・生活リズムが安定する

 

朝ごはんを食べることで、体温が上がり目が覚めやすくなったり、ブドウ糖が脳のエネルギーとなり、集中力や記憶力が高まったり。

 

そして、毎朝食べる習慣が身につくと生活のリズムもおのずと安定してきます。

 

朝食を食べる習慣が身についていると、大人になったときにもいいですよね。

 

朝ごはんを食べないと、イライラしたり勉強がはかどらないという悪循環に陥ります。 

 

脳が活発に働くのは午前中。朝ごはんをきちんと食べて、お昼までに必要なブドウ糖をしっかり摂っておかないと、授業中におしゃべりをしたり注意散漫になってしまいます。また、空腹でおなかがグーッと鳴ってしまうのを気にしていては、授業にも集中できません。
午前中、脳を生き生きとさせ、やる気や集中力を高めることが、学習能力を上げるために大切です。そのためにおすすめなのが、朝の米食。ご飯は腹持ちがよく、ブドウ糖が長時間に渡り安定して脳に送ることができます。また、しっかり噛むことで脳の血流がよくなり、活性化することで学習効果のアップにも繋がります。

 

農林水産省/「朝ごはんを食べないと?」より引用

 

でも毎朝、ごはんを食べてくれない子供は多いかと。👀

私の子供も幼稚園のころはあまり朝ごはんを食べない子供でした。

 

そんな子供たちに、簡単に食べられる朝食を考えてみました。

 

朝ごはんを食べない子供たちへ!簡単朝食のススメ

料理ができた

朝食の準備って面倒い…。

私も朝は弱いので、朝食に手をかけないようにしています。😊

 

そして作っても食べない子供たちにママもイライラしてしまったり。

 

そんなときほどあまり手間をかけずに、簡単に朝食を用意しましょう。

 

【簡単朝食の例】

・フルーツ(バナナ、リンゴ、キウイ、缶詰)

・フルーツゼリー

・ヨーグルト(はちみつ、ジャムと一緒に)

・プチトマト、きゅうり、ベビーコーンなどの野菜

・小さめおにぎり

・冷凍食品(焼きおにぎり、冷凍ピザ)

・菓子パン、食パン、パンの耳

・肉まん

・シリアル

・うどん

・野菜スープ

・昨夜の残り物おかず

 

簡単に用意できるものを考えました。🙌

 

冷蔵庫に用意しておけば、ちょっと温めて出すだけだったり。

簡単なものを集めました。

 

私の実の母は、残り物のおかずを活用していて、朝食として準備するものはご飯とお味噌汁だけです。

 

ご飯とお味噌汁におかずが少しあれば、それなりに立派な朝食になります。

 

ということで、夜のおかずを朝食用に少し多めに作っておくのも便利です。

 

実家にいたころは、よく残り物を食べさせられていましたが、健康そのもの。病気一つしたことがありませんでした。

 

朝食を食べる習慣が身についたのも母のおかげです。

 

私の夫も一人暮らしを数年していましたが、朝食は食べない人でした。

 

数年かけて朝ごはんを食べるように再教育して、今では朝ごはんを食べないと調子が出ないそうです。😁

 

私の息子も最近まであまり量を食べられる子供ではなく、幼稚園のころは本当にひどいありさまでした。

 

お恥ずかしながら、朝食はお菓子だけというときもありました。😂

 

朝ごはんにお菓子はないだろ~!

とおもっていましたが、食べないよりはマシと思い、全く食べてくれないときには食べさせていました。

 

お菓子もスナック菓子ではなく、バランス栄養食やビスコなどすこしは栄養のありそうなものを食べさせるようにしていました。

 

でも幼稚園でのお昼ご飯はおかわりもしていたので、あまり心配しすぎず様子をみて過ごしていました。

 

小学生になった今では、やっと前より朝食を食べられるように。

 

けれども、量が多すぎると食べられない。

だから食べきれる量で出すように心がけています。

 

そしてなるべく手間をはぶいて簡単に食べられるものを食べさせています。

 

息子はアレルギーはないのですが、最近牛乳と卵を家で全く食べなくなってしまいました。

 

仕方がないので、牛乳の代わりに「ピルクル」や「飲むヨーグルト」を飲ませたり、卵は「うずらの卵」を食べさせています。

 

うずらの卵は小さくてかわいいので、茹でたり、目玉焼きにすると楽しく食べてくれます。

 

息子は、卵も牛乳も小学校の給食では食べているらしいので、私もあまり神経質になりすぎないようにしています。

 

子供たちもいつかは食べてくれるだろう!とおもって、気長に待ってあげるのもいいのかもしれませんね。😉

 

ズボラママの朝食レシピ

料理するママ

簡単でおしゃれな温朝食レシピをおすすめしたいところですが、ズボラなママは、あくまでもズボラなのです。

 

というわけで、私がおすすめするズボラレシピがこちら!!

 

【卵納豆うどん】

材料:うどん、卵、納豆、しょうゆ少し

納豆うどん

 

うどんをサッとゆでて、はい!材料すべて混ぜるだけ!笑

納豆うどんを混ぜる

 

納豆と卵のおかげで栄養価も高い。

そしてなにより簡単すぎます。

 

お昼ごはんを何食べるか考えたくない時にも、「卵納豆うどん」をこっそり食べています。

 

なにも用意したくない朝に!

どうぞお試しください。😘

 

まとめ

息子の友達に朝ごはんを毎日食べてほしい…。😂

そんな切実な願いをこめてブログを書きました。

 

朝ごはんたべると、

脳みそが良く働いて、勉強も楽しくできる!

 

ママもお手軽で簡単なものでいいので、毎日子供たちに朝ごはんを食べさせてあげてくださいね。

 

それでも食べないときには、気長に待ちましょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

寒暖差激しいので体調に気をつけてお過ごしくださいね!!

 

それでは、また!!😉

 

応援おねがいします。

にほんブログ村 子育てブログへ
にほんブログ村