ぽんこくらぶ

まる得主婦のお役立ち情報を発信しています!

山形県庄内出身者が教える!ここがヘンだよ庄内弁!これであなたも庄内人♡

庄内弁教えてあげる

 

元気しったが?😊

(お元気でしょうか?)

 

何を隠そうわたしは「山形県庄内地方」出身のブロガーです。

 

今日は庄内出身者が教える変な方言の特集です。

 

初級編から中級編、さらには上級編まで!

 

完・全・網・羅❕❕

 

庄内弁をマスターすればあなたも立派な庄内人💚

 

ぜひ庄内弁をマスターして庄内へ観光さ行ってみでの!

(観光に行ってみよう)

 

せば!よろしぐたのむ👍

(ではよろしく)

 

山形県庄内出身者の庄内弁講座【初級編】

船とカップル

んだ

「んだ」は、ほとんどの方がご存じだろう。

「そうです」という意味。

 

さらに「んだ」を2回いうのが庄内人のトレンドだ。

 

んだんだ

 

これで、共感力が一気に高まる。

庄内へ行ったら「んだんだ」をいってみてほしい。

 

ちなみに都会の人が「んだ」をいうと、なぜか庄内人はバカにされた気分になるので気をつけでの!🤩

 

なお「んだが?」は「そうでしたか?」という意味になる。

庄内地方のお母さんは、よく「け」という。

これは、「食べなさい!」という意味だ。

 

子供たちに一言「け!」というと通じる。

 

都会の人が「け!」を聞くと不快に感じるかもしれないが、庄内の母親たちの愛情深い言葉なのだ。

 

庄内人に「け!」といわれたらごはんを残さずたべるのが礼儀。

(本当か?笑)

 

「はえぐ!ごはんけ!」というバージョンもある。

「早くご飯を召し上がりやがれ!」の意味だ。

あんべイ~

「あんべイ~」イはカタカナで表現してみた。

イ~のところは少し長めにいうのが庄内人ならではだ。

 

あんべイ~は、「調子がいい」、「気分がいい」、「具合がいい」という意味でつかわれる。

 

よく「あんべイ~」は庄内人がいう。

 

「あんべいちゃ」(調子がいいです)、

「あんべワル」(調子が悪い)というのも類義語だ。

しょっぺ

これは「しょっぱい」、「塩気が強い」という意味だ。

 

「味噌汁しょっぺの~」といわれたら、お湯を足すのが庄内人のルール。

 

ちなみにウチの父はすこしでも「しょっぺ」を感じると、「しょっぺすぎんなんねが?」(しょっぱすぎる)と母にクレームをいう。

 

「しょっぺすぎっどきは、血圧たっけぐなっさげ、味噌汁お湯でうすめれの~!」

(しょっぺを感じた時は血圧高くなるから味噌汁お湯でうすめろ)

さげ

庄内人はよく「さげ」という言葉が語尾につく。

「さげ」は下げるではない。

「~だから」という意味だ。

 

「しょっぺさげ」は「しょっぱいから」という意味になる。

 

「〇〇したさげ〇〇」という言葉もよく使われる。

 

「お金100万円当だた!したさげ競馬さつかた」

(※お金が100万円当たったので競馬に使った)

 

〇〇だから〇〇になるという意味でつかわれる。

 

庄内弁は外国語ではねさげの❕❕

(※庄内弁は外国語ではない)

 

山形県庄内出身者の庄内弁講座【中級編】

年配のカップル

さあまず、さまじ

さあまず、さまじは「すごい」という意味。

 

なお、「さまじ」は母の知り合いのばあさんが勝手に作った言葉かもしれない。

 

実家に帰った時に母がひたすら「さまじ~」とつぶやいていた。

口癖ってうつるのよね。

 

世間一般の庄内人は「さあまず」をよく使う。

 

「あらすごいわね!」という意味ではある。

ただ、本音をいうと、あまりいい意味では使われない。

 

完全に「さあまず」はイヤミだ。

庄内人流のディスりだ。

 

「まぁすごいけど、本当なの?すげえなマジで。頭大丈夫?」

 

「さぁまず」という言葉の裏には、こんな思い↑が込められている。

 

「さあまずの~」と庄内人に言われたら完全にイヤミだと理解したほうが良い。

 

庄内人に「さあまず人だの」ともし言われたら、落ち込んだ方がよい。

なんとか「さあまず人」のレッテルから脱してほしい。

~の

庄内人は語尾に「の」をつける。

「の」は「~ですね」という意味でつかわれる。

 

これも共感力を呼ぶ庄内人ならではの魔法の言葉。

 

「んだの~」これで、完全に共感してもらえる。

「んだの~」、「んだがらの~」。

まずい~

「まずい~」はおいしくないという意味ではない。

「もう結構です、いりません」とう意味でつかわれる。

 

かつて新宿のヒルトンホテルでフレンチを食べた小学6年の私。

レストランのホールの方に「まずい~」と言ったことは今でも苦い思い出だ。

 

ホールの人「フランスパンいかがですか?」

私「まずい~」

 

ホールの人「なんてイヤな子供!」と思ったに違いない🤩w

悪気はなかったのだ。

 

子供心に遠慮してしまっただけなのだ。

わるけの~❕❕

(悪かった)

よだ

「よだ」は「必要です」という意味。

 

庄内人に「よだよだ!」と言われたら気前よくあげてほしい。

 

ただ欲しいだけなのだ。悪気は全くない。

庄内人の気持ちを汲んであげてほしい。

 

ちなみに、「よだが?」は「必要ですか?」という疑問形になる。

 

よだが?と言われたら、よだぐねくても(※必要なくても)「よだよだ」と返事してしまうのが庄内人ならではだ。

 

なんでもとりあえず「よだよだ」といってしまうのは、断ると悪いとおもう庄内人のやさしさだ。

 

都会人は、よだぐねぐでも、「よだ」というべきだ。

どごさいた?

「どごさいた?」は「どこにいったのだろう」という意味。

 

私の父あるある↓

「メガネどごさいた?わがらね。こまたの~。どさいたんけ?」

(メガネはどこだ?わからない。困った。どこに行ったのか?)

 

「メガネ洗面所さあっさげ、ちゃんとしまえ!えって!」

(メガネは洗面所にある、きちんとしまってほしい、まったく)

 

忙しい母が父に返す言葉だ。

お父(おとう)がんばれの~!💚

山形県庄内出身者の庄内弁講座【上級編】

大人のカップル

かもこ

これは普通に考えて絶対わからないとおもう。

何を隠そう、男の「おちんちん」のことだ。

 

「かもこちゃんと洗え~」は、ウチのばぁちゃんが弟たちに言っていた。

 

「かもこきれいさして洗えの~!くせぐなっさげ。」

(※ちんちんきれいに洗え、くさくなるから)

 

弟たちちゃんと「かもこ」毎日洗ったがなー?

ばぁちゃんも姉も、心配しったさげ。(心配です)

 

ちなみにウチの夫は夜「かもこ」を洗わない。

朝型だ。

あぺちょ

下ネタつながりで、同時に紹介しておこう。

これは女性器だ。

 

おわかりいただけるだろうか。

普通に標準語として使われる表現方法よりもえっちぃ。

 

胸を高鳴らせながら、小さい頃の私がよく聞いた言葉だ。

 

恥ずかしすぎて、普通に口に出すことがはばかられる秘密の言葉だ。 

まぐまぐデュー、びりびりデュー 

 完全に意味不明だ。

「胃がまくまくする,炭酸がビリビリする」とう意味。

 

まくまくという時点で一般人には意味不明だろう。

胃が「まくまくする」ことがある庄内人。

 

これは庄内人である私にもわかりかねる。

弟のお嫁さんが教えてくれた言葉だ。

 

あまりにも難しすぎる。

 

「胃が落ち着かない、ビリビリしびれる」という表現でいいだろうか。

もっけだ

「もっけだ」は庄内人が心から感謝しているときに使う言葉。

「ありがとう」そんな気持ちを表している。

 

庄内人に「もっけだ!」と言われたら、素直に喜んでほしい。

 

ブログあそびきてくれでもっけだのー。

ありがどのー。まだブログみでのー!

さいごに 

以上、山形県庄内出身者が教える!

ここがヘンだよ庄内弁でした。 

 

ご不明な点、疑問・質問いつでもコメントお待ちしています。笑

使い方が間違っている言葉があればぜひご一報を。

 

せばの🤚 

 

米どころ山形の新潟のお米↓

 

www.ponchanmama.work

www.ponchanmama.work